行政の発表により,相談の目安が変更となりました.「37.5度以上の発熱」の項目がなくなりました.ご確認の上,以下の症状の方は上記センターに相談をお願いします.
 相談の結果,一般医療機関への受診を勧められた場合には,当院でも受け入れを検討させていただきます.お電話でご連絡ください.

以下は,厚労省ホームページからの抜粋です.

次の症状がある方は下記を目安に「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください.
・息苦しさ(呼吸困難),強いだるさ(倦怠感),高熱等の強い症状のいずれかがある場合.
・重症化しやすい方(※)で,発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合.
(※)高齢者,糖尿病,心不全,呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方.
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合.
症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください.
(症状には個人差がありますので,強い症状と思う場合にはすぐに相談してください.解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です.)